おはようございます。
本日の入電で高くなっているのは大豆関係だけです。どれもこれもNY原油の下げからのようです。NY原油が高値の55.33ドルをつけた後、買われ過ぎ感やヒーティングオイルの生産強化見通しなどで、早めの利喰い売りなのだそうです。
下げる時にはこんな訳の解らないことで下げてしまうものなのですね。物凄くあいまいな買われ過ぎ感とか売られ過ぎ感と言ったことは、いったい誰が判断するのでしょうか?
朝から皆さんに材料について疑問を投げかけても仕方ありませんから、東京の相場観を少々。
本日単純に考えればストップ安でしょう。夜間取引の値位置から考えてもバリバリではないかと思います。
あくまでも噂の域ですが、NY原油が安いときには目を瞑って買っている集団があるとかないとか。仮にストップが外れるようなことがあると、きつい戻りが入ってもおかしくありません。夜間取引に少々成り行きででも買いを入れてしまえば、上昇してしまうのですから。

貴金属は、NY原油安が最大の原因なのでしょうが、全面安。と言うことは、万が一オイル製品が上昇してしまうと、貴金属も上昇してくると言うことになってしまうのでしょうか。
それもまた考えなくてはならないことです。
どちらにしても、NY原油次第の相場が続く展開のようです。

台風がまた接近しているようです。過去最多の上陸回数更新と言うことで、日本列島を暴れまくりそうです。商品相場では原油関係が台風の目となり暴れまわっていますが。どちらの暴風雨にも巻き込まれませんように。

本日も宜しくお願い致します。


はんこ