オイルの反省が長かったので、貴金属は別のカテゴリーで記します。

まず金ですが、安値から若干切り返していますが、これはオイルの上昇によるものと、若干の円安によるものではないでしょうか。上げ道中の窓を埋めたように見せかけて、まだ埋めていない格好ですし、6日移動平均線と13日移動平均線もデットクロスしたばかり。NY原油の上昇がないと金の上昇も無いのではないかと思っています。10/13の安値を切り、引けのも下抜けている訳ですから、あまり強気になれないところではないかと考えています。

白金は先日のストップ安の時の値段を安値にしての切り替えしです。白金をやっていらっしゃる方がおりましたら注意が必要な局面ではないかと考えます。値幅は結構大きく動いていますが、結局のところここ5日間はどのような値動きだったか。反発するならばポイントとして上げられるのはレポートに記した通りですので、ここではご勘弁を。下げるならば・・・。私は元気の無い白金相場を下げと考えていますが、降参する地点は決めております。根性がありませんから、突っ張りません。


はんこ続きを読む