月末の前場も無事に終了となってきました。全体的に東京の相場は下げたくない?と言った感じで見受けられます。

ストップ高となっている銘柄があるので、引っ張りあげられていると言う見方も出来るのでしょうが、なんとなく下がりたくないのかな?と感じます。

アラビカは先物の価格に振り回されているように思います。寄り付きは11月限がストップ安となったにもかかわらず680円安となり、これを受けて中物辺りから戻ってきたと言うのに、前引けは先物の伸びが見られません。後場からの値動きが注目されます。こう言う時の板寄せ銘柄はしんどいです。

貴金属はしっかりで推移しています。為替が円高に触れていると言うのにこの上昇は?スポット価格が上昇していますが、これを真に受けて良いものかどうかは考えないとならないと思います。白金は870ドルまで来ていますし。

ゴムは高くなっています。安寄りから下値を出してからの上昇。戻り高値の146.9円を取ることが出来るでしょうか?それよりも注目している事がありますが、それは本日のプレシャスレポートで。

ガソリンはいつもの如く激しい値動き。鞘はこの動きを今後も信用して良いのかどうか?納会が終わって鞘修正があるでしょうから、その辺を見極めながら。NY原油は55ドルを取るのでしょうか?

後場もしっかり頑張りましょう。





はんこ