FOMCで政策金利が発表される予定時刻が27:00
パウエルFRB議長の会見予定時刻が27:30
現時点で0.75%の利上げ確率が83.0%
パウエルFRB議長の会見に注目が集まるってことなんでしょう

年末までの政策金利が4.00〜4.25%を超えてくることになるのか?
11月のFOMCで0.5%、12月のFOMCで0.25%
これが既定路線となるでしょうから
これを超えてくるような発言が会見の中で出てくると
あらゆる市場から資金が逃げ出しドルが買われることとなるのかも?

ドル円は?
金は?
株式は?

考えることが多数出てきてしまいますが
みんなが混乱するときに冷静に対応できれば
大きなチャンスとなる
のでしょう


2022y09m21d_081817692






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円日足

6日線の上を推移も保合い気味
ここから下げたとして
このような天井の形が存在するのか?

というより、ここから下がったとして
納得の行く天井の形となるのか?

なんとなくではありますが
下げるためには
もう一度噴かないと
形が整わないような感じが

相対力指数が70オーバーを既に見せていますから
ここから下げたときには逆らうわけには行きませんが
13日線を割り込むまでは
簡単に弱気になれないチャートと見ていますが
果たしてどうなんでしょう?

相場に関してなどのご質問!はこちらから宜しくお願い致しますm(__)m
サポートオンラインへはこちらからどうぞ
【獲ることだけに特化した相場メール】ご登録はこちら



2022y09m21d_081825827






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金日足

続伸の形ではあるものの
上ヒゲ・下ヒゲの陰線

このまま巨大な陰線と化したときには
このチャートは戻りいっぱいの可能性があるかと

このくらいの陰線では
続伸の形ですし
右肩上がりの6日線の上のチャート
あんまり弱気のできるようなチャートではないと見ていますが……

さり気なく06/22上ヒゲ陽線に注目しています
これをクリアできないと
しんどいチャートにはなるんだろうと思います

この辺りは前回配信の動画でもお話しております
詳しくは動画をこちらからご確認下さい

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


2022y09m21d_081831411






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金日足

52日線の上で推移も
高値からの下降トレンドの中
まずはこんな見方ができるかと

ただ、08/02安値7411円を起点とした上昇トレンドの下限
そんな角度からみると09/20の陽線は良い押し

それぞれに相場観があると思いますが個人的には
下げ止まり警戒
そんな感じで見ています

もちろん「下げ止まり」として見るには見るだけの理由があります
なんとなくということで考えていると
再現性のない相場の張り方となってしまうでしょうから
理由を追い求めたいわけです

理由に関しては【ブログには書かない相場の話】にて展開中
日足だけではなく4時間足・1時間足というところからも検証し
理由を解説中
ご登録はこちらから今スグ!
無料配信中ですので、まずはお気軽にどうぞ!