クリックをお願いします
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
幸せのおすそ分けをお願い致しますm(_ _)m


「止まり目」というワードを結構使いますが
たぶん、人によって使い方が違うのかも知れません

個人的には「目標値」的なことを指しており
目標値を突破すれば
また次の目標値が出現する仕様です

抵抗とか支持線とか
そういうモノも「止まり目」にはなりますので
明確な定義があるのかも知れませんが
個人的には
「上げ止まり・下げ止まりの可能性が高まる地点」
というような感じであります

決してドテンをして良いという事ではなく
ドテンで勝負をかけるときには
更に明確なモノがチャートに出てきてからとなります

ほぼほぼ損切ドテンはあっても
利喰いドテンはないですけど


2022y10m28d_103730975






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

短期的な話となりますが
52本線に挑戦
この辺りは止まり目として考えたいところ

52本線を越えるかどうか?
と、言うことは当然ありますが
直近の高値近辺でもありますから
意識され易いかと思われます


2022y10m28d_103746241






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金1時間足8月限

これも止まり目ではあるかと
高値に挑戦の状態であり
この辺りだけも止まっても良いのか?
と、なるような状況ですが
相対力指数が……

別にこのまま上昇されても仕方がないので
弱気になるようなところではないですが


2022y10m28d_103806210






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足8月限

この銘柄も52本線に挑戦
そして、直近の高値に挑戦

やはり上げ止まりの可能性を考えたい地点ではありますが
売り相場だということにはならないかと
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

52本線の抵抗と直近高値の抵抗
ですが、相対力指数には上昇余地が残されているようですから
このチャートからは売りだってことにはつながらない状況ではあるかと

1時間足だけではなく
4時間足や日足の形も見ながら対応をされた方が良いかと

日足の中で4時間足が
4時間足の中で1時間足が動いているイメージがありますので

一緒に相場を考えてみませんか?⇒こちら

本日も動画の配信を行う予定です
良かったらこちらから御覧下さいm(_ _)m