ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

ドル円

もしかするとCOMEX金のチャートは


既にTwitterで告知しておりますが
ショート動画を配信しております
COMEX金日足に関して
思うところがありましたので
ショート動画にて配信

慌てる必要は無いのでしょうが
ちょっとは気にしておきたい部分
ショート動画はこちらから御覧下さい

Twitterのフォローもお忘れなく
何らかのリアムタイム情報は
Twitterにて配信しておりますので
フォローはこちらから


2022y09m27d_103736541






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

145円を目前にして
若干足踏み状態

トレンドの転換と言うことでもないのでしょうが
上値を取れなければ調整ということも

ただ、13本線割れというやつに挑戦しているようですから
若干の陰りと言いますか
調整の時間帯が欲しいのかも?


2022y09m27d_103745342






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金1時間足

保合い状態の模様
必死に買いたい形でもないけれど
売り叩くまでにはちょっと怖いイメージ

売り込まれた形からの調整の時間帯ということならば
良い戻りが入っているのかも?

ただ、個人的には1時間足だけでポジションを取るのは難しく
4時間足まで考えると
まだ喜んで買えないイメージ


嗚呼、8位に陥落
クリックをお願い致しますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


2022y09m27d_103751959






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足

13本線超えとなるか?
それとも叩かれてしまうのか?

ここで13本線超えとなると
安値7506円を起点とした上昇トレンド帯を
しっかりと作り上げるのかも知れないですから
しっかりと見届けたいという感じ

モチのロンで
7600円どころをしっかりと超えてこないと
このチャートからの買いって言うのは
無いようなチャートではありますけれど

【ブログには書かない相場の話】では
10月会員を募集中
ご登録はこちらから今スグどうぞ
無料です

ドル円は145円突破となるか?


現在7位浮上!ありがとうございます
クリックをお願い致しますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


円安の呪縛からなかなか逃れられない状況なのかも知れません
「円安になれば金は上昇する」
確かにそうだし、吹っ飛ぶ可能性もあるわけで
金が上昇することに否定するつもりはありません

しかしここに来て、円買い介入が入り
「円安はピーク?」
「為替介入で流れは止められない」
等々、様々な思惑が出ているようです

どんな流れが出てくるのでしょうかね?
個人的な見解を述べておけば
ドルが強い状況に変化はない
それだけです

あとはそれぞれのチャートの形で判断をして行きたいと


2022y09m27d_075700769






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円日足

13日線に支えられている模様
介入が入っても6日線を割ったまで
右肩上がりの13日線に支えられて推移

上昇トレンドの中を推移ということで
宜しいでしょうか?

相対力指数からもやり過ぎ感があったと思いますが
やり過ぎからの良い調整が入ってきたということにもなるかと


2022y09m27d_075708871






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金日足

52日線に支えられている展開
下げ止まるのか?
それとも割り込むのか?

割ってくれば弱い
当たり前かも知れませんが
そんな感じで考えていたいと

相場に関してなどのご質問!はこちらから宜しくお願い致しますm(__)m
サポートオンラインへはこちらからどうぞ
【獲ることだけに特化した相場メール】ご登録はこちら



人それぞれに考え方がありますが
どう考えるのも自由だと思いますが
これだけは言えるのではないかと
ドル円の動向やドル建て金の動向を当てても
円建て金相場を獲れるとは限らない


当てないよりも当てたほうが良いのでしょうが
ドル円の動きを完璧に読み切っても
ドル建て金の動きを見誤ってしまうと
円建て金相場を獲ることが難しくなるのかも?

どうでもいい話かも知れませんが……

2022y09m27d_075714701






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金日足

52日線の下に潜っており
売られ過ぎの水準には達していない状況

前回配信の動画でもお話しをさせて貰っていますが
安値に挑戦の恰好に入ってしまっているのではないかと
動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m

安値を獲り切れるかどうかは分かりませんし
この辺りから急反発ということもあるのかも知れませんが
現状のチャートの形は安値に挑戦をしているのではないかと

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

相場は結果が後からついてくるわけで
時間が答えを与えてくれます
あなたも一緒に相場を考えてみませんか?
【ブログには書かない相場の話】では10月会員を募集中
今スグこちらからご登録を!
無料配信中です

ユーロやポンドが急落のあおり


ドル円が大人しくとも
ユーロやらポンドが激しく動けば
影響が出てくるようで
どうしてもドル独歩高という状況だと思われます

これだけ激しく動いているユーロですが
為替介入なんてことはあるのでしょうか?
為替介入ってのは日本独特の手法で
欧米諸国で為替介入というモノは無縁?

それにしてもユーロもポンドも酷い動きですね
もう少しなんとかならんもんでしょうかね?
1時間足でも追いつかない値動きって……
どうなんでしょうかね?


現在8位に落ちています
あなたの1クリックが必要です
単純に40クリック集まると5位に入れますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


リスクを背負って時間足や日足で売買をするか?
1分足や5分足で短期的な売買を繰り返すか?
それぞれのやり方でしょうからどれが良いというモノはありませんが
リターンは背負ったリスクに見合った分までと考えています


2022y09m26d_110858329






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

瞬間的に144円どころを突破も
144円の下で推移
この辺りは止まり目ではあると思っています

それでも上に出たことは事実であり
安値141.24円からの上昇トレンドの中であることも明白

乗っているトレンドラインは
6本線とか13本線と言うことになるのでしょう


2022y09m26d_110905442






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金1時間足

安値を3830円まで見せて70円ほど戻しましたが
ユーロやらポンドの影響でなのか?大きく急落
しかし間髪入れずに反発の荒い値動き

安値から70円戻したときでも
右肩下がりの6本線の下

売られ過ぎからの反発の状態なのでしょうが
まだまだ売り方の手の中での話ということで
売り方の手仕舞い買いが一巡したときに
上昇するだけのパワーが果たして存在しているのか?
そんなところなんでしょう


2022y09m26d_110913043






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足

安値7506円は形的に満足の行く値段を出してきた
そんな印象を与えてくれています

目先の底入れとは考えられると思いますが
高値を更新するまで上昇できるかどうかは別

これだけ反発しても
右肩下がりの6本線の下
上昇するだけのチャートの形を作り出すには
それなりの時間がかかってしまうのかも知れません

動画の中でもお話しをしておりますが
NY金のチャートが悪い
動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m

ドル建てのチャートとドル円の為替
ドル円の為替が引っ張り上げるだけの元気が果たしてあるのか?

金1時間足でも底の可能性はあっても
買い相場の形が出来ているわけではないため
あんまり積極的には……
と、言う状況と見ていますが

円買い介入の効果は?現時点の分析では


財務省の為替介入の効果はどの程度あるのか?
介入をする前は
「介入しても2〜3日の効果だから、介入なんてしないよ」
と思っていましたが
介入を実際にされてしまってからは
「それなりの効果があるのでは?」
と、考え方が180度近く転換

145円どころはどうしても意識されてしまうでしょうし
ぶっちゃけ、円絡みに資金を投入しなくても
ユーロドルで十分でしょうから
下手なリスクを背負うくらいなら
必要以上のリスクが少ない市場で動いた方がお得かと

一気に円高に走るような金利差ではないし
かと言って円安に動くには財務省の目が気になる

考えさせるだけでも
為替介入の効果はあったと考えています


2022y09m26d_072624050






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

何にしても個人的には
チャートの形に主眼を置いていますから
どうでもいいとは言いませんが
チャートの形を信じてみたいと

相場に関してなどのご質問!はこちらから宜しくお願い致しますm(__)m
サポートオンラインへはこちらからどうぞ
【獲ることだけに特化した相場メール】ご登録はこちら


高値145.89円からの下げに対する戻り
良い戻りを見せてきた恰好なんでしょう

良い戻りを見せて止まり目
ここを13本線に支えられて突破できるか?

現在7位です
あなたの1クリックをお願い致しますm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日も動画の配信をさせて頂く予定です
ドル円の動向次第で
動いてくる相場とも考えられます
しっかりと検証して流れに乗れないと
波に飲み込まれてしまうことに
動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m

ドル円1時間足は13本線・52本線に支えられているうちは
止まり目到達も弱気の出来ないチャート
そんな捉え方をしています

疑心暗鬼な心理状態の金市場とドル円市場を考えてみる


現在7位にまで浮上して来ました!
励みになります!!ありがとうございますm(_ _ )m
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

引き続きクリックをして応援頂けますと幸いです!


【ブログには書かない相場の話】では10月度会員募集中です
立会日にレポート配信及び掲示板にて
あなたを無料でサポートさせて頂きます
お早めにこちらからご登録を
登録料も当然無料です


思いもよらない事
想定はしていても
現実味が薄いと勝手に判断してしまったことが
目の前に出現してくると
焦るものです

前回配信の動画の中でもお話をさせて貰っていますが
英国の大型減税
保守系のトラス政権ならば大胆な減税政策はあるかも?
漠然としたイメージは聞いていたし「あるかもね?」と思っていましたが
大胆な減税政策で経済の立て直し重視策

「これで売られるの?」
と、思ったりもするのですから
市場は大型減税をネガティブに捉えたという事なんでしょう

これはその時の市場の雰囲気であり
「英国財政が持たない」とか
「国債が耐えられない」とか
いろいろと言い分があるのでしょうが
市場がリセッション警戒で下げているときに出てきた話なので
加速度的な売りが殺到したということかと

同じ政策でも
タイミングが違えば市場はポジティブに捉える場合もあるわけで
あくまでもその時の雰囲気だということ

何故ならば、「どうすれば株価が買われるのか?」という正解はなく
正解があるのならば景気後退期に入ることを防げるわけで
正解がないからこそ難しい舵取りを何処の中央銀行もが
行っているということなんでしょう


今回は金相場とドル円の動きをチャートから予測していきたいと思っております
そして経済も相場も「生き物」ってことを忘れずに
対応をしていく必要があると改めて実感しております


2022y09m25d_073521278






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円4時間足

高値145.89円まで買われ
財務省のドル売り円買い介入
ローソク足2本で一気に安値140.34円まで冷やされたドル円

もう市場は
介入がいつ入るかわからない
という疑心暗鬼の状態なのかも知れません

この心理状態を作り上げただけでも
財務省の勝利だということかと思っています

そして、もし次にドル売り円買い介入をするとなれば
1:145円がターゲット
2:新値がターゲット


こういうことになるのではないかと
それまでは市場が勝手に疑心暗鬼となって
価格を勝手に作り上げるでしょうから
介入は無いと思いますけどね

市場としてみれば
円を売り続けることをしなくとも
介入のないであろうユーロを売って利益を上げても一緒でしょうから

相場に関してなどのご質問!はこちらから宜しくお願い致しますm(__)m
サポートオンラインへはこちらからどうぞ
【獲ることだけに特化した相場メール】ご登録はこちら



2022y09m25d_073528264






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金4時間足

戻り高値7760円を取り切れずに
7752円までの高値を見せて
財務省のドル売り円買い介入の煽りを喰らった恰好の金

チャート的には
13本線に支えられて
安値7599円を起点とした三段上げを目指していたところに
財務省の横槍

しかし、52本線の抵抗がしっかりと効いていた恰好の4時間足
この辺りが存在していたため
強烈な強気にはなれずに
「超えてきたときには買いか?」
と考えていたことが
個人的には不幸中の幸い

支えられていた13本線を割れば
悪い時間帯入り
そういう典型的なチャートとなっているのかも知れません

もう、動画の方は御覧頂いていると思いますが
ダブルトップの形を示しているチャートも出ています
確認がまだの方はこちらから動画を御覧下さいm(_ _)m

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

これだけの動きです
エグすぎる動き
あなたはサポートが必要ではありませんか?
ご希望の方はこちらからご登録を!

ランキング


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives