ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

ドル建て金

叩かれるべきして叩かれているチャート

クリックをお願いします
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
あなたの1クリックのお陰で崩れずにおります
クリックのご協力をm(_ _)m



クリミア大橋の爆破で買われた瞬間があったようですが
『有事の金買い』は今は昔
今の御時世においては『有事のドル買い』ってことなんでしょう

っていうか、リスク回避
リスク回避だとどういう動きになることが考えられるのか?
そんなポジションを取ることがベターなのかも知れません

そうは言っても
これだけの値動きですから
判断をし辛い市場環境ではあります

一つの見解として見ておいて頂きたいのですが
以前のショート動画でお話しをさせて貰っているような
値動きとなっています⇒こちら


2022y10m11d_075620832






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

COMEX金日足

ショート動画の中でお話しをさせて貰っている感じです
1分足らずの動画の中で解説させて貰っていますから
すぐにご覧頂けますのでチェックを

52日線に叩かれ6日線割れ
勢い余って13日線割れ

安値を取るかどうかなど分かりませんが
13日線まで割り込んでしまったチャートを
強気することは難しい
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

ドル円が介入したところを超えられない展開
すると必要以上に上に抜けるまでは
ドル高円安を考慮しなくとも良い時間

ドル建ての動きがそのまま円建てに反映される時間帯でしょうから
そんな考え方で対応をしたい状況

09/28安値1622.2ドルからの上昇に対する押し
そんなところは考えておきたいところです

本日も動画の配信をさせて頂く予定です
三連休で配信した動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m

本日注目していること


今日注目しているのは
ドル円の動向
昨日、ショート動画として配信している内容が
本日どうなるか?
注目しています
動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y09m12d_073849151






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

ショート動画では一目均衡表を重ねたモノでご紹介しておりますが
ここでは移動平均線から考えておきますと
13本線・6本線に押さえられて
強いと移動平均線からはまだ言えない模様

この辺りが強い形となったときには
流れがガラッと変わるドル円となるのかも知れません


2022y09m12d_073945119






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

COMEX金日足

1700円ドルを割れますかね?
そんなチャート

現状では1700ドルが支持線として
機能している模様であり
全値押しからの反発を考えてみたいチャート

強い形となっているのか?
それとも弱い形のままなのか?

個人的には13日線の下ですから
というところを強く意識している形も
下げ止まっても問題なしという認識

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

今週もワクワクさせてくれる値動きとなりそうです
丁寧に対応をしていきたいと思います

【ブログには書かない相場の話】では9月度会員募集中
ご登録はこちらからどうぞ!!
無料配信中です

押しか?崩れているのか?


どうでも良いとは思っているものの
無視など出来ない存在が米国市場のドル建て銘柄

米国市場の銘柄が上がっても下がっても
ドル円の影響を受けてしまうため
どうしたって同じように動いてくることが難しい円建て市場

今回はドル建ての市場をちょっと眺めておきたいと
週末の動画配信では
土曜日に週足を、日曜日には日足の検証をしております
よかったらこちらから動画の方も御覧下さいm(_ _)m


2022y08m22d_072325000






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

NYMEX白金日足

52日線割れ
悪い時間帯に突入の形
5連続陰線を見せてくれれば
「そろそろ」
とも思うわけですが
弱い形を見せつけてくれている状況下で
なかなか強気にはなれないという印象

強気にはなれない形ではあっても
安値878.3ドルからの下を出してくれてきたならば
860ドルから870ドルくらいは注意をしておきたいところ

安値878.3ドルも
「押しが完了」
となっても不思議ではないという数字だけに
慎重に構えておきたいチャート


2022y08m22d_072333346






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

COMEX金日足

52日線を割り込んで3本目の陰線
5連続陰線は白金日足と一緒

強い形なのか?
弱い形なのか?
と、問われれば
「弱いんじゃないの?」
と、答えざるを得ないチャートのよう

大きな流れの下降トレンド帯の上限
そんなところに叩かれてしまっている印象

窓埋めの形からの反発ということも
ある程度真剣に考慮しておく必要があるようなチャート
安値1759.1ドルってのも
押しとして存在するのならば
満足の行くレベル

注意深く見守っておきたいチャート

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

NYMEX白金日足もCOMEX金日足も
買えるだけのチャートの形ではない
そんな風に映るチャート
そんなことまで含めて
【ブログには書かない相場の話】はお届けしております
ご登録は今スグこちらから
無料配信中です

プーチン大統領発言

プーチン大統領発言。
「ロシアはウクライナ国境から軍隊を撤収させた」

この状況で言っちゃいましたか…
こんなことを言い出せば
これで買われていた銘柄は下落の一途?


ドル建て金1時間足






ドル建て金1時間足。

ドル建て金は反応しているのでしょうか?
有事の金買いで有事でなくなれば
買う理由がなくなっちゃいますからねぇ。




金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

為替も円高になっているようですし
ドル建て金の動きがこの有り様では
東京金に上るだけの理由もないのかも?


今日はイエレンFRB議長の発言だけかと思っていたら
ロシアのプーチン大統領が発言してしまうとは…
材料って難しいデスねぇ〜


2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。


為替+ドル建て商品

為替次第なんでしょうかね?
でも、為替の上げ下げだけならば為替をやっていた方が簡単。
だって、商品は【為替+ドル建て商品】で考えなければなりませんからね。

為替から考えるからややこしいのであって
無視することは出来ないのでしょうが
円建てのチャートを見ていれば
それだけで充分のような気がするのは
私だけなのでしょうか?



金4時間足







【出処 ドットコモディティ


金4時間足。
踏ん張っていた6本線を割り込み
そのままの勢いで13本線を割り
行きかけの駄賃で52本線を割り込む金。

強いのか弱いのかと言えば
弱い形に入ってきたのでしょう。
ダブルトップのような形にもなっているのだから。

では、ここからまだ下がり続けるのか?
こうなるとちょっと疑問も出てきますが
今のところは『弱い』と言う立場からの発言となるのではないでしょうか?

弱いものは強くなるまで弱く
強いものは弱くなるまで強い。

強くなった形を出していなければ
弱い形の立場からの発言になって当然といえば当然なのでしょう。

日足で綺麗な買いになれなかった金ですから
下げてくるのも当然といえば当然かも?
ですが下げ続けるのかとなれば
上昇分の押しを見せてくれたならば
それで満足するのでは?

まぁ、基本が日足からの形ですから
日足の形が売りでも買いでも整わなければ
突っ込むことは難しいのですけれどもね。


21:30過ぎにレポート更新
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
プレシャスレポート




楽しく相場に勝つ方法LIVE動画11月20日(水)20時より15分間開催。
録画の配信は成功すれば設置しますが、失敗すればありませんのでご了承下さい。
会場はこちらになります。
UstreamYouTubeのチャンネル登録をして頂くとアップロードした時にメールが届くと思います。



『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives