ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

ファンダメンタル

【無料配信】の理由


土曜日配信の動画では
21日のFOMCでの利上げ幅の話と月足の検証を取り上げています
日曜配信分は週足の検証となり
月曜日配信分は日足の検証となっています

動画はチャンネル登録をこちらからして頂きまして
じっくりと御覧下さいm(_ _)m

市場は21のFOMCで利上げ幅をどの程度にするのか?
と、言うことに注目なのでしょうが
既に11月・12月のFOMCに目が向いている部分も存在している模様

9月のFOMCで0.75%の利上げとなれば
政策金利4%ということが今年の金利ということならば
残り利上げ幅は0.75%となり
11月0.5%、12月0.25%ということに

FRBとしての理想形は
こういうことなのでしょうが
今後のインフレ動向次第では
11月の利上げ幅が0.75%となることも

すると12月の利上げ幅が「0」でなければ
理想形に持って行けずということになりますが
「痛みを伴ってもインフレ抑制」
の強い意思があると思われるため
政策金利が4.00%を突破することも
今後のインフレ動向次第あるのでしょう

政策金利が上昇すると
本格的なリセッションが近づくわけで
市場にはマイナスの要因となるかと

ここまでの動きと今度の動向を
分かりきっていることでしょうが
整理をしておきました

こんな形がNYダウの形にも現れているようで
この辺りに関しては
日曜日・月曜日の動画の方でお話しを進めていくつもり
良かったらこちらから動画のを御覧下さい

と、言うことでここからはテクニカル的なお話しを

2022y09m18d_080257277






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金日足

動画では一目均衡表を重ねてありますので
ブログでの移動平均線を使っての検証では
違った視点が得られるかも知れません

まず注目は「52日線」では?
これを割った週末のローソク足
そして20日分のローソク足では
取り返す反発を見せている動き

本物かどうか?
そんなところに注目だってことなんでしょう

検証内容も様々あると思いますが
反発となっても問題のない多数の根拠に関しては
【ブログには書かない相場の話】にて配信中
根拠が崩れるか否か?
安値7599円が止まり目の根拠等に確信が持てたならば
取っておきたいポジションなどを配信しております
ご興味がございましたらこちらからご登録を
嘘みたいな話ですが、無料配信中です

ご存じの方も多いかと思いますが
レポートは有料配信でした
無料で配信せざるを得ない理由があるため
無料で配信をさせて貰っています

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

何故「無料配信なのか?」
「何か、裏があるのではないか?」
と、思う方も多いと思います
そんな話も頂戴しておりますので
公にはしませんが
尋ねられたら「無料配信の理由」を個別にお答えします

そんなわけで
それなりの厳しいルールの中での配信ですから
ご安心下さい

では、台風が迫っておりますが、素敵な日曜日を

様子見気分?


換算気味というか様子見気分?
米CPIを前に手の出しようがない?

個人的には他国の消費者物価指数だし
そもそもどんな数字が出てくる?なんて分かりゃしないし
出て来たところで米CPIを材料に相場がどっちに動いてくるのか?
そんなことなんて動いてみなけりゃ分からないと
思っていることなので
いつも通りに対応したのでいいのでは?
と、思っていますし
9月のFOMCまでもう1回のCPIの発表があるし
米雇用統計もあるんで
どうなんでしょうかねぇ
と、密かに思ったりしております


2022y08m10d_105747181






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円4時間足

これまで値動きの先頭に立っていたような感じのあるドル円が
保合い状態のようですから
ムキになるような時間帯ではないのかも?

動いた後に動ける態勢だけは取っておきたい
これは思っていることではありますが

金利差、金利差と言っても
みんな知っていることですから
材料としてはどうなんでしょうかね?


2022y08m10d_105758244






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金4時間足

高値を出してから右肩下がりの動きで
13本線割れって感じで推移

相対力指数も頑張っているようですから
ちょっと調整を入れても
問題のないところではないかと

確かに、売り相場ならば
下げの速度が鈍いとは思いますけどね


2022y08m10d_105807793






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金4時間足

上昇トレンドが崩れない
白金4時間足は、仮に騙しであっても
右肩下がりのトレンドを出しているようですが
金4時間足に関しては「高値を出しました」と
告げるまでの状況かと

6本線に支えられ
そして13本線にも支えられている状況

崩れたチャートとなるには
少なくとも13本線を割れないことに
言えないことなのかも知れません
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

今夜も動画の配信を行う予定です
前回の動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m

十人十色とは言うけれど…

事前検証に事後検証。
来週のためにやっているわけですが
プレシャスレポートに記事を作成しようと
出来る限り綿密に検証をしていると
不思議なことに出会ったりします。

在庫があるとか為替がどうしたとか…
その代表格とも言えるのがゴムだと思うのですが
ゴムは値動きが荒いですから
あまり手を出したくない銘柄では有るのですが
肚を括って手を出せば
それほど独特な銘柄でもないことに気が付きます。

ただ、在庫云々とかドル円が云々とか
ゴム相場に持ち込んでしまうと
見知らぬ街に連行されてしまうのでしょう。

ゴムの倉庫を観たことがありますか?
在庫が積み上がっていると言われている現在の倉庫をご覧になられましたか?
ゴムにドル円ってどうなのでしょう?

わたしはゴムの倉庫が何処に有るのかも知りませんし
匂いを嗅ぐだけでも嫌なので見るチャンスがあっても行きませんが…
それに、ゴムにドル円ってそんなに関係有るんでしょうかね???

ただ、これがまかり通っているから
逆に楽だと言えば楽なのです。
在庫云々で取引をされる方が多ければ多いほどありがたいし
ドル円を必死に持ち込めば持ち込むほど
マーケットの中に蜜が貯まってきます!





ゴム日足






【出処 ドットコモディティ


ゴム日足。

この形から弱いと言えるモノがどの程度ありますでしょうか?
少なくとも在庫が積み上がっているとか言われている話しは
このチャートに織り込まれている訳で
織り込まれた上でこの形。

どのように考えようとも相場は自由。
十人集まれば十人の相場観が生まれてくるのが相場。
そうでなければ相場は成り立たないし
儲ける人も損をする人も出てきません。

わからないですけれども
弱い形があまり見当たらないような日足なのでは???




ファンダメンタルはやっぱり難しいです

中国HSBC製造業部門購買者担当者指数 が48.3。
これって金にとっては強材料なんじゃないの?
難しいですね、ホントにファンダメンタルは難しいです。





『ファンダメンタルからの移行』って項目のところ
読んでもらいたいです。



白金4時間足






【出処 ドットコモディティ


白金4時間足。
52本線に挑戦。
前回はここで止まりましたが
今回はどうでしょう?



金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。
少し下に出ましたかね?
まだ下がりますか???

個人的には買えない状態ですけれども…
ここを買わないで何処を買う!と
勇ましい方もいらっしゃると思いますし
ここから上昇をおっ始めたら悪いので
強くは言えませんが…


2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。


ファンダメンタルを相手にできません

テクニカルならばどんな動きをされても
素直に受け入れることが出来るのですが
ファンダメンタルで訳の解からんコメントが出て来ると
ついついイチャモンを付けたくなる自分がいます(笑)

本日で言えばNY原油のコメント。
言語明瞭意味不明。
コメントを出す会社はどんなモノでもコメントを出さなければならないので
苦し紛れの意味不明のことをもっともらしく???

本当は違うのでしょうし、なにかに基づいてのコメントなのでしょうが
素直に受け入れられない自分がいます…

別にエネルギーをやっていないから関係ないと言えば関係ないのですが
どうも引っ掛かる…
関係ないとここで言ってしまうと
自分の手がけている銘柄のときにも
訳の分からないコメントが…
もちろん、ファンダメンタルなど何とも思っていないので
どうでも良いと言えばどうでも良いのですが(笑)
それでも、少しは相手にしていますけれども…



金4時間足








【出処 ドットコモディティ


金4時間足。
ローソク足7本で280円ほどの上昇。
1本あたり40円程度。

50本のローソク足で400円ほど下落したので
下落の速度より上昇の速度のほうが速い金。
驚きです。

三連休前です。
それなりのことを考えながら
ポジションを取ってみて下さい。
そして、週間足にも注目を!



『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


プレシャスレポート



ランキング


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives