材料というのはほんとうに難しい。
その材料のスタート地点はなんとなく理解できても
終了時点がさっぱり分かりません。

ドル反落、米FRB議長発言受けた調整一巡=NY市場


イエレンFRB議長発言に飽きちゃうのは早くない?
新鮮味がなくなればこんなものなのでしょうか?

それとも材料はあとづけ?
あとづけならば理解は可能ですけれども…


考えても分からないものは考えない。
考えなくてもマーケットへのアプローチの仕方は
他にもたくさんあるのですから。





NYダウ日足











NYダウ日足。

高値に挑戦したものの
失速してマイナス圏での引け。

直近の高値を更新してからの失速。
情けない…

しかも失速の勢いは
6日移動平均線にまで及んでいるのですから…

この後の動きは検証課題として
ローソク足の形の情けなさ。
昨日の相場の弱さは浮き彫りかと。





NY金日足






【出処 ドットコモディティ


NY金日足。

6日・13日移動平均線がデッドクロスとなりそうな動き。
現在は13日移動平均線の下。

そこから小幅反発してプラス圏で引けても
強いと呼んでしまうには
相当の抵抗を感じてしまう形。

仮に安値が52日移動平均線にタッチしていても
その思いは変わらず。

反発してくる可能性は
52日移動平均線にタッチしている方が高くなるような気がするも
強いと言ってしまうには少々乱暴なときなのかも?


これからじっくりと検証。
プレシャスレポートには事後検証と
金のレポートを掲載済み。
来週に向けての動画等
今日と明日にかけて掲載していく予定です!


良い週末を!


『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら