ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

リスクオフ

リスク回避?リスク選好?

市場予想よりも強い数字が示された米雇用統計
雇用者数は多く、平均時給も上昇
インフレ抑制にはならない数字の列挙に
市場はリスク回避の動きが出てきた模様

リスク回避でドルが買われ
米10年国債利回りが上昇するも
買い戻し的な動きが完了すると
ドルが売られだし、米10年国債利回りが低下

NYダウも発表直後は大きく売られたものの
引けにかけて買われて終了

リスク回避とみせておきながら
結局、買いたい市場なのかも知れません


2022y12m03d_084804027






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金日足

この土日でも動画の配信をこちらを行う予定ですが
結局のところ金日足は7750円どころがいいところ?
そんな値動き

流石にそれではざっくりとし過ぎではあるのでしょうが
現実を事実として投げつけられているわけで
否定のしようがない現実
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

保合い状態として今後も推移するのか?
それとも下に抜けてしまうのか?
注目だということなのでしょう

現状のチャート分析はこちらにて

ターミナルレートを意識しリスク回避の動きで推移となるのか?
12月のFOMCまでは利上げ幅減速を強く意識するのか?
その辺りの見極めとなるのかも知れません

では、よい週末を!

リスクオフで買いのないチャートに


インフレ抑制に強い意思表明をした恰好のパウエルFRB議長
そんな感じの講演だったんだと思われます

そんな講演を受けての市場の反応ですが
リスクオフで宜しいでしょうか?
そんな動き

ドル建てで強さを感じ取れるチャートがあるのか無いのか?
それだけなんです
どんな立派な理論を並べても
市場がどちらを向いているのか?
お金がどちらに流れているのか?
それだけなんだと思います


2022y08m28d_091207959






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

NYMEX白金日足

良くない
宜しくない
そんなチャート

強さを見せてくれていないわけで
このチャートを買うことを
個人的には出来ない

底の形を確認するまで売り叩くようなチャート
右肩下がりの6日線に叩かれて安値更新を見せているチャートを
強気ではない

勿論、強気をしてはいけないということではなく
いきなり反発することもあるのが相場ですし
相場観やポジションの取り方は人それぞれに自由

個人的にはって話のレベルで
買えないチャート
買いのないチャート


2022y08m28d_091216416






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

COMEX金日足

やはり買えないチャート
52日線に叩かれ6日線割れの状況を
好んで買うだけの勇気も根拠もない
ただ、下げ止まりの可能性を拭いきれないチャートではあるかと

NYMEX白金日足と決定的に違うところがあり
その違いで下げ止まりの可能性を感じ取っておくべきだろうと
個人的に思う次第

下げ止まりの可能性を警戒しつつも
買いはないというレベル

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

土曜日分の動画の配信は完了しています
日曜日分の配信は20時を予定しています
今週の相場の動きを考えつつ
あなたのお役に立てたなら幸いです
動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m

【ブログには書かない相場の話】ではあなたのサポートをさせて貰っています
9月度の会員募集中
無料ではサポートさせて貰っていますので
安心してまずはこちらご登録を!
あなたのご登録をお待ちしております

乱暴で暴力的な…

EU問題が何か片付いたのか?
そう言う目で見て行くと
何も変わっていないような気がしないでも無いのですが…

借金の金額が変わったわけでもなく
返済の目処が立ったわけでもなく
景気が良くなっているわけでもなく…

と言うことは、
いつ何時リスクオフになるのか分かったものではない。
そんな状況だと思いますが、
それらのことや雰囲気をも踏まえて
罫線は作り上げられるわけで
じっと罫線に耳を傾ける…
それだけで結構なところまで視えると考えています。


金日足
【出処 ドットコモディティ


金日足。
一手での切り返し。
これが本物かどうか?

本物だと決めつけるだけの何かがあるのか?
何もないけど価格が上昇したから
価格の上昇が雰囲気を変えると考えるか?

一手で切り返すと言う
乱暴で暴力的な相場。

どんなに乱暴な相場も
暴力的な動きであっても
じっくり考えれば見えてくるのでしょう。


プレシャスレポート更新情報東京金日足の見解を更新してあります。
10時頃には動画での金日足の解説がアップされます。



本日から7月です。
頑張りましょう!




無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


にほんブログ村 商品先物
マネポケ金融投資ブログランキング!
人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中!
最後にクリックもお願い致しますm(_ _)m



何処からでしょうか?

何処からリスクオンで
何処からリスクオフなの?

これまたQE3期待で買っているのかも知れませんが
これでやらなかったらどうなるんでしょうかね?

そして、噂で買って事実で売ると云う格言もあるように
FOMCで仮にやったときには
どんな反応を見せてくるのでしょうか?



金4時間足
【出処 ドットコモディティ


金4時間足。
6本線を挟んでの攻防戦。
個人的には一回買いは…
と、思ったりもしています。

6本線の上でしっかりですから
弱気になる必要も無いのかも知れませんが
あくまでも4時間足からだと…




NYダウ日足
【出処 StockCharts.com


NYダウの形が先日の金の上昇のような形。
立ち上がったんでしょうかね?
13日移動平均線まで越えてきているのですから
少なくとも売りはないと思っていますが…


全体的なこの強気は
いつまで続くのでしょうか?
別にユーロ圏での何かが解決したわけでもないのに
一夜にしてこれほど様変わりをするとは…

完全なマネーゲームですね?
ゲームならばどんなことを考えながら対応していけばよいのでしょう?
ゲームならば、誰かの発言なんてどうでも良いことになるかも知れませんよね?
きっかけにはなっても決定要因は別にあるような感じで。



最長2週間無料『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。

『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


にほんブログ村 商品先物
マネポケ金融投資ブログランキング!
人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中!
最後にクリックもお願い致しますm(_ _)m




リスクオフって本当?

ギリシャのユーロ圏離脱騒ぎが
冷めやらぬ状況下では
リスクオフの流れが優勢だと云うことでしょうか?

リスク商品などを持たずに
現金が一番安全だと
その心理は解かるものの
どの通貨を持っているのか?
によっても、だいぶ話が変わってくるのかも知れません。

頼れるモノはドルなんでしょうかね?
ドルを持っていれば安全?

去年でしたっけ?
米国債の債務不履行騒ぎが出たのは…
これって完全に片付いた話でしょうか?

喉元過ぎれば的な話で
とりあえず、今はドルが安全だから…
程度なのかも知れません。


NY金日足
【出処 ドットコモディティ


NY金日足。
売られました。
文句なしに売られました。

6日移動平均線割れ。
安値に挑戦。
安値に挑戦からの反発ですから、
ここから切り返したならば面白い。

下に抜ければそのまま1500ドル割れも視野に。
1400ドル・1300ドルとなってくるのでしょう。


恐怖の13日移動平均線。
今回も健在のようでした。


換算は前日比プラスの金のようで
東京市場の動きには
注目が集まります。

本日もがんばっていきましょう!



追伸

昨日プレシャスレポートにお申し込み頂いた方には、
今朝一番でパスワードの送信をさせて頂いております。
参考にして下さい。




『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


にほんブログ村 商品先物
マネポケ金融投資ブログランキング!
人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中!
最後にクリックもお願い致しますm(_ _)m




ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives