ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

リセッション

リスク回避?リスク選好?

市場予想よりも強い数字が示された米雇用統計
雇用者数は多く、平均時給も上昇
インフレ抑制にはならない数字の列挙に
市場はリスク回避の動きが出てきた模様

リスク回避でドルが買われ
米10年国債利回りが上昇するも
買い戻し的な動きが完了すると
ドルが売られだし、米10年国債利回りが低下

NYダウも発表直後は大きく売られたものの
引けにかけて買われて終了

リスク回避とみせておきながら
結局、買いたい市場なのかも知れません


2022y12m03d_084804027






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金日足

この土日でも動画の配信をこちらを行う予定ですが
結局のところ金日足は7750円どころがいいところ?
そんな値動き

流石にそれではざっくりとし過ぎではあるのでしょうが
現実を事実として投げつけられているわけで
否定のしようがない現実
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

保合い状態として今後も推移するのか?
それとも下に抜けてしまうのか?
注目だということなのでしょう

現状のチャート分析はこちらにて

ターミナルレートを意識しリスク回避の動きで推移となるのか?
12月のFOMCまでは利上げ幅減速を強く意識するのか?
その辺りの見極めとなるのかも知れません

では、よい週末を!

いい数字ならばどうなる?

いつもクリックをありがとうございます
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
こつこつとポイントが上がっています
あなたの1クリックのおかげ
ありがとうございます


米雇用統計を前にして
あまり大きく動けないんでしょうかね?
好んで動きたくも無いでしょうけど(笑)

もし、いい数字が出て来たときには
「利上げを積極的に行う!」
ってなるでしょうから
ドル買われて米10年国債利回りが上昇し
ドル建ての金が下がる
こんな図式が成り立つのかも?

ドル建ての金が下がっても
円建ての金はドル高円安となるでしょうから
ドル建て金とドル円の綱引きで
どっちが勝つのか?って話になるわけですが
今のドル円は「介入警戒感」があるので
極端にドル高円安には動けない

となると、円建ての金においては
ドル建ての金とドル円の綱引きの勝者は……

チャート分析に関してはこちらから


2022y10m07d_104144454






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

145円を試して推移
安値143.77円を起点とした
ドル高円安トレンドではあるのでしょうが
145円の後半には手が届かない
そこには「介入警戒感」が待っているから

果たして、米雇用統計をキッカケで
介入地点の数字を突破できるか?


2022y10m07d_104158691






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金1時間足

52本線に支えられて推移
と、言っても大きく反発をしているわけではなく
保合い状態といった印象

保合いを抜けたと判断出来る地点を探す時間帯
そんなイメージです


2022y10m07d_104205976






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足

8000円を目前に失速するパターンでしょうか?
保合いと言えば保合いのようですが
三角保合いっぽいチャート

52本線に注目をしていますが
ただ割るだけでは売りとは言えず
やはり三角保合いを抜けてから
そんなチャートの形です
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日も動画の配信をさせて頂く予定です
前回配信の中で語らせてもらった日経平均のチャートについて
警戒すべきところでは警戒することが良いのかも知れません
まだご覧になられていらっしゃらない方はこちらから御覧下さいm(_ _)m

金利の付かない金相場に夢はあるのか?


クリックをお願い致します
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
洒落にならない順位です……ご協力をm(_ _ )m


ブログランキングには全く反映されませんが
なかなかの評判となっているのが
前回配信の動画⇒こちら

これまで土曜日・日曜日というのは視聴回数が極端に減っていたのですが
土曜日配信分の動画の評判がなかなかに良さげ

リーマン・ショック時の暴落と今回の下げの比較
面白い検証結果が出ていますので
ご興味がございましたらご覧頂ければ

今の市場は資金がドルへの一極集中
この流れが何処かで変化を見せてくるのでしょうが
その時、最初に見直されそうなのが……

検証結果が何を物語っているのか?
下げの鈍い銘柄から反発を見せている様子も伺えます

暴落のあとの相場
楽しみな状況でもあります

楽しみを後回しにしてしまうと
楽しみを得る前にヤラれてしまうのが相場
楽しみを十分に堪能するために
今やるべきことは何なのか?
しっかりと考えておく必要があるのでしょう

本日も動画の配信を20時に行う予定です
動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m
チャンネル登録を忘れずに!


2022y10m02d_081746848






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足

チャートの形的なものから考えると
13本線の下で52本線の上
52本線が右肩上がりの上昇トレンド

52本線を支えられている相場
という見方と
13本線割れの相場
という見方の2通りの見方ができる時間帯

そして、相対力指数との逆行現象が完成しており
個人的には素直に弱気で見ていたい金1時間足
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

もし、反発をしてきたときに気をつけておきたいのは
三尊天井の形

【ブログには書かない相場の話】へのご登録はこちらからどうぞ

市場混乱



英国が1972円以来の大型減税ということで
市場が混乱をしていると

ポンドと国債が急落
イングランド銀行はリセッションが始まっていると指摘しているわけで
この減税措置は的確な行為だと思いますけどね

一部の投資家やエコノミストは
「政府が賄いきれない水準にまで債務が膨らみ、インフレをあおる恐れがあるとみている」
と言っているようですが
ポジショントークっぽい話

どうなるんでしょうかね?


2022y09m24d_075349748







【出処  Stockcharts.com

NYダウ日足

悪い悪いと言われいても
全値押しで止まるのでは?
そんな雰囲気も出していましたが
明確に下抜け

下に抜けた相場は?

もちろん、相対力指数との絡みも考慮する必要があるでしょうが
下に抜けた相場です
下ヒゲの目立つ陰線ですが
下に抜けた相場です

そして何より
下降トレンドであるということが重要ではないかと

若干浮上させて頂きましたが
現時点で9位です
あなたの1クリックを頂戴できると
ホントに助かりますm(_ _ )m
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日も動画の配信を行う予定
20時配信予定で行きますので
クラッシュしている相場をどう捉えて行くか?
一緒に考えて参りましょう!
これまでの動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m

では、台風がまた来ておりますが
素敵な週末を!

ドル高円安でボラティリティの高い展開か?


ジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演
8分間だったということですが
10.7兆円のお金が消滅したということです

豆腐だって10丁食べるのは大変ですが
天文学的な数字だけにあまりピンときません

そして、今週末には米雇用統計が待っており
その次の週にはブラックアウトルールが適用される時期に

9月20日〜21日のFOMCに向けて
必死に動いているようです

本日以降も動画の方では
このあたりに触れながらお届けするつもりです
土日も配信を行っておりますので
よかったらこちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y08m29d_072255834






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

アジア時間でどんな値動きをしてくるのか?
注目していましたが
当然のように円安の動きのようです

買われ過ぎの水準まで買われている動きですが
タカ派的な姿勢を鮮明にしたわけですから
ドルが買われて円が売られる展開ということなんでしょう

もちろん、米10年国債の金利動向も見ておく必要があるのでしょうが
米雇用統計の前に140円台へ突入するという話も出て来た状況となっています


2022y08m29d_072308923






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金1時間足6月限

個人的に気になるのは
金も白金もドル建ては売られる展開になるだろうと
その反面、ドル円が何処まで買われるのか?

綱引き状態となるのでしょうが
白金は為替の影響が金よりも少ないため
ドル建ての動きによって上げ上げするのかも?

リセッションを強く意識され
リスクオフとなれば
売りの時間帯
そんな感じとなってしまうのかも?


2022y08m29d_072320555






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足6月限

ドル建てvsドル円
この綱引きで円建てが決定づけられるそれだけの動きかと

ドル建てが上がっても下がっても
ドル円の影響が強い金は
簡単に上昇も下落も出来ないのかも知れません

個人的には円建てのチャートを重要視する姿勢に変化はありませんが
ドル円やドル建ての動きを注視するのならば
神経質な展開となる時間帯なのかも知れません

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

兎にも角にも
ボラティリティの高い展開が考えられます
トレンドを作りやすいとなればどちらのトレンドとなるのか?
そんなこともしっかりと考えて対応する必要があるのでしょう
詳細は【ブログには書かない相場の話】にて
あなたをしっかりとサポートさせて頂きます
ご登録はこちらから今すぐどうぞ
無料配信中です!

ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives