ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

先物市場

池上彰さんのコラムが朝日新聞に掲載されましたね


今日の朝日新聞は読んでみたいですね!
池上彰さんのコラム掲載取り消し分が一転本日掲載。

でもなぁ〜と思っていたら
朝日新聞は太っ腹ですね。
既にデジタル版でこちらに掲載されていました。

それにしてもそんなに過激な内容ではないような……
「間違いを認めたなら、これだけ世界中を騒がせたのだから謝りなさいよ」
って、ごもっともなコラム内容。

もしかして、週刊誌の広告掲載拒否とか
今回の池上彰さんのコラム掲載中止は
朝日新聞の話題作りだったのか???
その話題作りにまんまと乗らされてしまったのか?

朝日新聞はただ転ばないぞって感じでしょうか?(笑)







金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

一代安値を更新。
一代安値を更新したということは
売り方のほうが有利だということでしょう。

さすがに売ったぞ!と言う感じが出たのか?
そこからすぐさま反発していますが
どうなのでしょうかね?

ひとつ言えることは
売りは一回考えた方が良いのでは?
と言う形なのかも?と言うことです。


動き出す雰囲気が漂っているマーケット。
動いてもらいたいですね!


ここで気合を見せなければ話にはなりませんが……


相場観など人それぞれ違うわけだし
先のことなど誰にもわからないのだから
最終的な売買の判断はご自身の意志で!!

と、言うのが相場に参加するときの前提。
でも、曲がった時には誰かの責任にしたいのが
やっぱり人だというモノ。

仕方がないですよ、だって、自分が一番可愛いのだから!(笑)







金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

6本線に叩かれる展開。
その中で6本線越えに挑戦。
上抜けてくることが出来るでしょうか?

強いというだけの根拠が明確にあれば買えばよいのでしょうが
個人的にはとりあえず買いの形が出ているように見える4時間足。

ダメならば投げるだけ。
形が出来上がっているのかといえば
それはまた別のお話しになってくるかも知れず
とりあえず、シグナル的なモノが出ているよう。

どうなりますかね?
6本線を越えられないようでは
話しにもなりませんが……



根性のない状態?


あれ?
為替が105円を割ってきている……

日経平均もズルズルの状態になっている。

こんなときに商品が吹っ飛んでくると
「なかなかなるなっ!」
と、なるのですが、そんな根性はないようです(笑)。







白金4時間足






【出処 ドットコモディティ


白金4時間足。

なんとなくしっかりしているように見えていたのですが、
それも何かの勘違いだったのでしょう。

6本線に見事に叩かれているようです。
6本線に叩かれているような状況では……


ここのところ移動平均線のお話しをアップさせて頂いております。
その辺の記事をご覧になって
参考にして頂ければ幸いです。


相場に関してなどのご質問!はこちらから宜しくお願い致しますm(__)m




覚えておきたいこと



前回の内容はこちら

移動平均線の使い方の1つに
移動平均線の上に価格がいる時と
移動平均線の下に価格がいる時というような
そんな使い方があるかと思います。

移動平均線の性質上、
終値の平均値を結んだ線が移動平均線ですから
移動平均線の上に価格がいるときには
平均値よりも高いところにいるということが考えられ
逆に移動平均線の下に価格がいるときには
平均値の下にいるわけです。

相場はどんな綺麗言葉を並べても
所詮は場に投げ込まれたお金の奪い合いです。
有利な方に付いて行くことがお金を奪う行為では簡単な事でしょう。

だとするならば、移動平均線の上に価格がいるときには
買い方が有利であろうから買い方に付いて行き
逆に移動平均線の下に価格がいるときならば
売り方が有利であろうことが考えられますので
売り方に付いて行くことが素直な考え方だと思います。

しかし、素直に考えていても
移動平均線が無意味な状況になってしまうことがあります。
無意味な状況に陥ったときに移動平均線にしがみついていても
損をさせられてしまうだけ。

では、どのようなときに無意味な状況に陥ったと判断ができるのか?
ここが疑問になってくるのでしょうが
それは「保合い状態」となったときだと思っています。

保合いとはある一定の価格の範囲内で動くことですから
このようなときの平均値は一定の価格の範囲内の平均値となります。
すると、移動平均線の上に出たり下に出たりと
売り買いを盛んにさせられてしまうだけで損をするばかりとなります。

移動平均線は保合い状況下においては
無力となることを覚えておくと良いかも知れません。



こんなザマに……


為替が01/02以来の水準になってきました。
105円が出てくるとはねぇ。

昨日の東京時間は結果的に買われ過ぎだったということだったのでしょうか?
為替が円安で入電もそんなに下がっていないのに
東京市場はこのザマですから……





考えてやりましょうね。
切った張ったの世界では
時代遅れと言われてしまいますから……




金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

一代足で安値更新。
一気に下抜け。
悪いですねぇ。
非常に悪い。
悪いからこそ安値を更新しているのでしょう。

ただ、このチャートをよく検証してみれば
ここから売り込んでみて
どのくらい獲れる?と言う形にも。

そもそもと言うことで考えていけば
抽象度を上げての検証となるのでしょうが
日足ベースでじっくりと検証を重ねると
慌てるほどのことでもない様子。

もちろん、先のことなど分かりませんので
これまでのデータからの検証となるわけですから
最終的な売買の判断はご自身でお願い致します。


個人的には売りたくない金の形になっていると思っています。


相場に関してなどのご質問!はこちらから宜しくお願い致しますm(__)m



素敵な一日を!



ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives