ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

商品先物

複雑化する思考


シンプルに考えることを重要視しているわけですが
なかなかシンプルに考えることは難しいわけで
難しいからこそシンプルに考えたいのですが
簡単に実行に移すことが出来ない邪魔な存在が自分であったりもします

複雑に考えてしまえば
「売り」と「買い」しかないシンプルなゲームなだけに
自分で複雑化してしまうことが可能

ですが、正解を導き出そうとする行為が
手足を動かなくさせ
挙句の果てには思考まで停止をさせてしまうことに

できる限りシンプルに考えたいものです

土曜日の動画では週足の形を中心に配信しています
日曜日は20時配信予定で日足を中心とした動画になります
シンプルに考えてみたい方はこちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y08m14d_075634626






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足

右肩下がりの52本線の上に出て
右肩上がりの6本線・13本線の上を推移

6本線と52本線はゴールデンクロスし
52本線と6本線はデッドクロスのまま

52本線が右肩下がりであるという現実は
下値を探るイメージを持たせてくれますが
13本線・6本線の上で推移しているのですから
弱いチャートではないと思われます

高値7773円を起点とした下降トレンドの上限を
上に抜けてくるかどうか?

個人的には4時間足の形が形だけに
高値7773円を取るかどうかは別ですが
もう少し上昇しても良さそうだと見ていますが……

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

この辺りで止まっても
文句は言えませんが
売りのチャートではないと判断しています

この辺りで止まる可能性の根拠
そして、上昇するであろう根拠
詳細に関しては【ブログには書かない相場の話】にて配信中
ご登録はこちらから今スグどうぞ!
無料配信中です

では、素敵な日曜日を!!

金は天井となっているの?

本日の動画は配信済みです
どんな形になるのか?
ひとつの考え方としてご覧頂ければ
YouTubeチャンネルはこちら

2020y05m27d_163907949






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金4時間足

4時間足は基本的に弱い形であると思われますが
上昇トレンドの中で三角保合いなのではないかと

ですから、4時間足で弱いと言っても
三角保合いの中で弱いということですから
下に抜けてこないことには
本格的な売り局面には遠いのかと

そして、日足を検証すると
弱いわけではないと思いますしね
【獲ることだけに特化した相場メール】
姓※
名※
メールアドレス※

2020y05m27d_163914782






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金4時間足

それにしても売られましたね
こんなに売られなくても良いんじゃない?
とは思ったりしています

なんだか「親の仇」って感じの下げ方

こうなってしまうと
買い相場の形が出来上がらないと
買いには出られません

とりあえず安値はまだ5897円という形のようです
目先止まるのならばこの辺なんだとは思うんですが
買いの形が出来ちゃいないので……
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

相場を制することに必要なことは?

自分を中心に物事を考えていては
上手く行くことも上手く行かないわけで
相手には相手の都合があるのですから
相手の立場の方が強ければ
相手に合わせることが合理的であり
かつ、それ以外の方法はないのかも知れません

特に相場なんて言うものは
現在表示されている価格絶対であり
自分の都合をいくら訴えてもどうにもならない

分かっていてもなかなか出来ないもので
人間は感情の動物なんだということを
つくづく思い知らされる始末

感情をどれだけコントロールできるか?
感情をコントロールできれば相場が獲れる!
と、言っても過言ではないのかも知れません

2020y05m27d_110909237






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

原油日足

6日線を挟んでの動き
6日線だけでは語りきれませんが
上昇トレンドに乗っていても
6日線割れとなれば陰りが見えてくるというもの

「〜かも知れない」と言い出せば限がなく
しかし、それで値洗いが良くなるかどうかは別

「〜かも知れない」ということをいうゲームではなく
利益をあげるゲームだということを
念頭に置いた取引が必要なんでしょう

2020y05m27d_110916632






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ゴム日足

保合いっぽい状態の値動きに
いくら難癖をつけたところで
相場は聞く耳を持っていません

どっちでも良いから
抜けてもらいたいのは山々ですが
値動きに身を委ねるしか無いのでしょう

保合いの中であっても
とりあえず強い形だとして見てはいます
続きを読む

九州梅雨入りで、東京の梅雨入りはいつ?


本日は朝から雨。
満月だって言うのに雨。
気温は低いけど湿度の高い感じの悪い朝。
すべて雨のせいか???

九州までは梅雨入り?
東京もこの雨でなし崩しに梅雨入りとなるんでしょうか?
この時期は辛いんですよねぇ。
入念なストレッチを繰り返していないと
身体中がおかしくなる時期。
今年も楽しく乗り切ろう!っと!!


本日もご協力ありがとうございます。
あなたの1クリックがやる気を出させてくれます!
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ





白金4時間足






【出処 ドットコモディティ


白金4時間足。

上は52本線でしょうか?
もちろん、高値更新という状況には物理的にもなっていませんが
上値はしっかりと押さえ込まれているようです。

では、下値はズブズブかと言うとそうでもなく、
徐々に下値は切り上がっているようで……

恐怖の三角保ち合い!?

長い目で見た時の右肩下がりのトレンドは
全く崩れちゃいないようですから、
その辺も絡めながら考えていきたいですね!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。
相場に関してなどのご質問!はこちらから宜しくお願い致しますm(__)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





金1時間足






【出処 ドットコモディティ


金1時間足。

52本線に支えられて、下値が切り下がるわけでもなく
上値を試すような形にはなっていない模様。

今朝のレポートでは、
「止まるのならばこの辺。しかし……」
と、いうまとめ方。

個人的にはあまり強い形には見えないんですよ。
1時間足は弱いし、4時間足も強いといえる足ではない。
しかし、日足の形は本日のローソク足を観ないとならなし
日足はトレンド的に崩れたとは言いがたい状況。

短期的な感じかもしれませんが
この1時間足の形は弱いのでは?
まぁ、止まるだけの材料もあるので
止まったらゴメンナサイで踏むだけですけどね。



相場は素直に「曲がりました。ゴメンナサイ」とすれば
すぐに許してくれます。
しかし、意地を張れば、決して許してくれないようです。
意地の張り合いは疲れますからねぇ。



大型で非常に強い台風接近中


毎年毎年の話しであり
「今年も?」
と言う雰囲気ではありますが
大型で非常に強い台風が接近中。

こうなってしまうと
個人的にはこもって検証しか無いわけで
じっくりと検証をしておきたいと思っている次第。





2作目よりも1作目の方が
今でも売れ続けているから不思議……
1作目も2作目も
テクニックではない部分に入っています。




東京円相場日足






【出処 ドットコモディティ


東京円相場日足。

そもそもの話しとして
ドル円相場が異常な感じになっている状態であり
その影響を受けるであろう国際商品は
異常な感じになっても当然なのかも?

異常と言っても
個人的な感覚で異常なだけであり
ドル円相場にとっては普通な動きであり
流れを作っているだけでしょうから
どうってことは無いのでしょうけれども。




白金日足






【出処 ドットコモディティ


白金日足。

トコトンです。
妥協など無く、トコトン。
買い方が踏ん張れば踏ん張るだけ悪くなり
売り方のローテーションが効いていれば
そのローテーションが止まるまで
トコトン。

底なし沼の状況でしょうから
トコトンと言うことなのでしょう。

悪い相場はトコトン悪い。
買い相場の形になっているわけではないのでしょうから
トコトン悪いのでしょう。

トコトンがどこまでなのかはわかりません。
すでに限界かも知れませんし
まだまだ限界には程遠いのかも知れません。

しかし、今の流れは下向きだと言うこと。
それは値位置が語ってくれていることなのでしょう。
値頃感が働かなくなった時が
底でしょうから。


お知らせ2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。



ランキング


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives