ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

戦略

本当に欲しいのは?

労働者が戻ってきたとかで
白金が一時売られましたが
どうなんでしょうかね?

材料張りをしている方には重要なことですが
労働者が戻っても戻らなくても
価格が全てでしょうから…

戦略がなければ価格の上下にアタフタさせられるわけで
しっかりとした戦略が欲しいですね!



金4時間足
【出処 ドットコモディティ


金4時間足。
上に出なければ
下にも出ない。
所謂、動かん!ってやつです。

値位置はどうでも良いのですが
この形で動かんと言うのは
どう言う意味があるのでしょうかね?

値位置がどうでも良いと言うのは
値位置で相場を獲るのではなく
値幅で獲ると言うことですので。
値位置と値幅と両方重視したい方は
両方重視すれば良いのでしょう。

そこに戦略があれば文句のつけようがありませんので!
無いのならば、考え直したほうが良いのかも知れません。


ここでの保合いは
相対力指数を下げるためには
買い方が有利なのかも?
相対力指数自体は非常に高い数値ですから。

相対力指数を下げさせるのと同時に
価格も下げてくると
見易い形になるのですが、
そうそう都合良く動いてくれる訳はないですからね!

夜間取引の動きに期待しましょう!



無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


にほんブログ村 商品先物
マネポケ金融投資ブログランキング!
人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中!
最後にクリックもお願い致しますm(_ _)m



興奮と言う名の落とし穴

もしあなたが、ポジションを所有した状態で
場中に居るときと
ポジションを所有していない状態で
場中に居るときと
どちらが冷静で居られると思いますか?

と、疑問を投げかけても
興奮している方には通用しません。

冷静になってもらわないと
見えるモノも見えなくなってしまいます。

同じ文章を読むにしても
冷静なときと興奮しているときでは
捉え方が変わります。

以前、メールを頂戴したのですが、
そのメールから興奮しているのが分かる内容でした。

冷静になってもらうようメールの中で
色々な手法を用いて返信させてもらったのですが、
次に返ってきたメールは
興奮状態を反省するメールでした。

冷静に読めば違うことが感じられ
興奮と言う名の色眼鏡を掛けていたのでは
決して見ることのできない世界と言うのがあるのかも知れません。

命の次に大切だと言われているお金がかかっているわけですから
興奮するのは当然だとしても
意識して興奮しないようにしておかないと
相場の【興奮】と言う名の落とし穴にハマってしまいます。

プレシャスレポートの購読者さまから
『レポートを読むと冷静になれます』
と、感想を貰ったときには非常に嬉しかったです。

どんなに素晴らしい戦術があっても
戦略が整っていなければ
戦に勝ことは難しいでしょうから。



金4時間足
【出処 ドットコモディティ


金4時間足。
1時間足でも綺麗に出ている形が
4時間足でも読み取れます。

じっくりと冷静になって
罫線に語りかけ
罫線が発している言葉を
読み取って頂ければと思います。

今は、弱いと言うより
強いのでは?
と、罫線が語っているように感じられます。



追伸

多くの方が求められているのは
戦術的なことのようです。
悪いわけではありませんので
それをうまく活用し戦略を立てて下さい。






視点を変えることが…

夜間取引も進み、
若干緩んでいる状況。


それにしましてもホリエンモン人気と言うのは、
完全な二極化なんですね。

ホリエモンの無料動画を掲載すれば、
そのことがホントに解る。
>>こちら

もちろん、無益なモノを掲載するわけがなく、
必要な方には見ただけですごいヒントを与えてくれる動画になっています。

視点を変えるだけで違った景色になる。
何もビジネスだけに言えることではなく、
相場にしてもその通りなのでしょう。


金1時間足
【出処 ドットコモディティ


金の1時間足。
相対力指数の70を取れずに下落。

そして、70を取らないことに強さと言うモノが、
ないような印象を与えてくる。

とは言うものの、
相対力指数だけで相場を語るほど乱暴なものはなく、
一つの判断材料であることは、
ご承知頂きたいことではあります。


罫線の形を見れば、
ここまで下がったモノの判断とすれば、
3950円をしっかり割ったならば、
悪いであろうことが容易に想像できる足。

反発するならば、この辺からと言うことになるのでしょう。


日中のブログに更新したように、
今日は腹を括るところ。
>>こちら

腹を括ると言うことは、
それなりのポイントであるところの場所であったと言うこと。

余すところなく書いているつもりですが、
表現方法が未熟なもので、
解り辛いところがあるかも知れません。

そのようなときは、こちらからご質問頂ければ、
ここの場でご説明させて頂たく思っています。


夜間取引は日中取引よりも時間が長く、
どのようなドラマが待っているのか?想像も出来ません。
しかし、自分のポジションを創造して行くことは可能です。

戦略は大切ですよ!




腹を括る大切さ

金は頑張っています。
出来高が7万枚。
これはすごいです。

なんだかんだと言いながら
連日取組を増やし、
やるときにはやる金。
たいしたものです。


金日足
【出処 ドットコモディティ


私の金の見解は本日配信のメルマガに記載した通り。
結局のところ13日移動平均線に押さえられて終了した金と言う結果です。

これを踏まえて次を考える。
メルマガの続きになりますが、
ここが戦略です!


基本形は仕掛けたところから、
目標値に達したところで落とす。
逆に動いてしまったら諦める地点を決めておきそこで落とす。

これだけでも充分だと思います。
ただ、これがなかなか出来ないのが人の性。

利が乗れば伸ばしたいし、
損切りはしたくない!

何が必要なのでしょう?
その何かに通じるのが戦略なのでは?


夜間取引はどんな動きになるでしょうか?
楽しみですね!

ハラハラドキドキの展開なので、
非常に興味深い夜間取引です!

なにせ満月ですから!(笑)

マーケティング無料ビデオどちらの内容が観たいですか?
ホリエモンの『儲かるビジネスの見つけ方』と
近藤太香巳の『簡単に売るための企画力』
ビデオリンクは>>こちら


腹を括ることは非常に大切ですね!
出来たら夜間でお会いしましょう!!





しっかりと考える

買い易い相場は下がるし、
売り易い相場は上がる。

買えない相場は上がるし、
売れない相場は下がる。

面白いモノで、買えない相場もある地点で買い易くなるし、
売れない相場も何処かの地点で慌てて売りたくなる。

しかし、そこは買い易い、売り易いに変化しているために、
相場は逆に行く。

思ったことも逆をやる…
行き着くとことは、
こんなことになるのでしょうが、
これはこれで問題が山積み。


事前にきちんと考えたことを、
行動するだけ。

事前に考える事は戦略であって、
行動するのは戦術。


立会いの無いときには、
慌てさせられることもありませんから、
考えられますよね?

しっかり考えて行きましょう!


良い休日を!


『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


にほんブログ村 商品先物
マネポケ金融投資ブログランキング!
人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中!
最後にクリックもお願い致しますm(_ _)m




ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives