ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

日経平均

閑散に売りなしで強い時間帯?

閑散に売りなしと言いますが
本日は換算状態のようですから
売りはナシで考えても良いんでしょうかね?

そんなところも踏まえて
チャートの確認をしておきたいと


NI225_2022-12-07_10-25-13





【出処 Trading View

日経平均株価日足

動画でちらほらとお話しをさせて貰っているだけなのですから
動画の方でお話しをすれば済むのですが
ちょっと崩れ気味のチャートになってきたのかなぁと

基準線割れを試しているのですから
ここまでの景色とは違った景色を
実線は見ているのかも知れません


USDJPY_2022-12-07_10-25-35





【出処 Trading View

ドル円日足

何を語るにしても
今はドル円を無視して語ることは受け入れられないことかと

多数に求められていることを提供しなければ
閑散となるだけでしょうから……

安値から3連続陽線を作りに動いているようですから
それなりの形を見せてくることも考えておきたい形に

個人的には13日線を超えてくるようだと
景色が変わってしまうチャートではないかと思っています


TGD1!_2022-12-07_10-25-49





【出処 Trading View

金日足

7800円を取っているとか取っていないとか
個人的にはどうでもいいレベルの話ではあるのですが
心理的には7800円を取ってくると買い方が有利なように感じますし
割っていると売り方が有利な感じに

今の動きだと
売り方も買い方も焦らされている
そんな状況下ではあると思うんですけどね

クリックをm(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

保合い状態の形から
どちらに動いてくるのか?
個人的には値位置よりもそこに注目

下ヒゲが目立ちだしているから
上値を試す展開となってくるのかな?

数日間の値動きを決定させるようなチャート

クリックをお願いします
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
常に下から突き上げを喰らっている状態です……

レポート配信ご希望の方はこちらから


金利が上がったとか下がったとか
まだまだそういうことが材料で売り買いされているようですが
反応している値幅に変化が出ているのかも知れません

ユーロにポンドは
敏感に反応を見せているようで
チャートの形にも変化を見せているようです

今日はあんまり関係ないですが
日経のチャートにも注目ではあります
NYダウの上昇が日経の上昇を誘発し
上値抵抗をぶち抜いてくるのか?
この辺りにも注目をしておきたいもんです
詳細は午前中にBBSに書き込みをさせて頂く予定です


2022y10m26d_080159662






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円4時間足

13本線超えの形を見せても続かず
調整の時間帯入りと言うことなんでしょうか?

13本線超えを見せてくるまでは
強気での対応が難しいようなチャートになった印象


2022y10m26d_080209678






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金4時間足

動画の中でも語らせて貰っているように
あんまり強い形には映っていない白金ですが
「上昇トレンドの中で強い形ではない」
というような感覚

押しなのか?
下に抜けてくるのか?

上昇トレンドが強烈ならば
あっても52本線までか?

どっちにしても
今日の動き次第では
ここ数日の動きが決定されるようなことになるかと


2022y10m26d_080217178






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金4時間足

なんとか踏ん張ってくれている模様
高値から下げてはいますが
下に抜け切ったチャートと変化をしていない様子

保合いっぽい形ではあるため
保合いを意識しつつの時間帯ということで対応をしたいイメージ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

何処から考えるかで
見解が変わってくるような状況
気持ちがフラフラとさせられてしまう値動きですが
気持ちに引っ張られずにチャートの形に素直に行きたいもんです

連動性があるのならば

為替がじわりじわりとドル高円安。
日経平均が上昇しているようですから
ドル円相場もドル高?

連動性で考えると
さっぱりわからないので
日経平均のチャートを眺めておきたいと。





日経平均日足









【出処 Stockcharts.com


日経平均日足。

昨日までしか入っておりませんが
ここから1%程度の上昇では
強い形に入っているとは言えず…

とは言うものの6日移動平均線を越えてくるようだと
戻り高値に挑戦の雰囲気は出てくるのでしょう。

仮に日経平均と為替がセットで
日経平均が強いのならばドルが強くなるのでしたら
為替のチャートもそろそろ改善されるのかも?

ここのところの下限に
近い状態になっているようですしね。


『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

為替が先か?日経平均が先か?

日経平均が先か?
為替が先か?
さっぱり分かりませんが、日経平均がマイナス圏で推移となっています。
為替が円高だから日経平均がマイナス?
日経平均がマイナスだから為替が円高?

バッサリと切り捨てましょう。
常に因果関係があるわけではないから、
単体で考えた方がいい!

本日はやさぐれたままですから
非常に辛口です(笑)

しかし、手法を否定しているわけではありません。
やり方は人それぞれですから、間違っているものなどないと思っていますので!





円相場4時間足






【出処 ドットコモディティ


東京円相場。

13本線に叩かれたようです。
この先のことは分かりませんが
上に抜けてくれば付いて行けば良いし
下に抜けてくれば叩けば良い。
それだけだと思っています。

上抜けるなら、安い今買いたいし
下抜けるならば、安くなっていない今売りたい。

上抜けるとか、下抜けるとかが分かるわけはありません。
予知能力者でも無ければ分からないことです。

上抜けてから上昇する確率が高いということと
下抜けてからは下落する確率が高いということだけは
確率の話から理解しておりますけれども。





金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

13本線を上に抜けています。
上に抜けていますがトレンドの転換までにはなっていないようです。
流れがどちらなのか?
それだけなのでしょうけれども
その流れにつかせてくれないのが相場。

売らせてくれない相場は弱く
買わせてくれない相場は強い。
世の常、相場会の常なのでしょう。


2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。


後場からの値動きは?

後場からは(今は後場って表現するのかな?)スルスルと上昇の形に。
安値から戻る貴金属。
相変わらずわけの分からない動きをするゴム(笑)
エネルギーもしっかりとした動きのようで、
為替が103円にトライするような状況になると
なんでもかんでも浮足立ってくるのでしょうか?

日経平均株価はマイペースなようですが…





白金4時間足






【出処 ドットコモディティ


白金4時間足。

安値からだいぶ上昇しました。
40円近く上昇してきたのですから
この幅だけでも満足ができるのでは?

6本線越えに挑戰しているようですが
この挑戦は達成が出来るのでしょうか?

1時間足などを見ると
この反発が必然だったんだなぁと思えますので
手の空いた時間があれば
1時間足などをちょっとご覧になると面白いですよ。





金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

これは52本線にガッチリと支えられているようです。
しっかりとしたサポートのようです。

13本線を越えるまでの勢いがあるかどうかは分かりませんが
52本線に支えられていたということは事実なのでしょう。

仮に今後52本線を割り込んでくるような動きになれば
その時は大変なのかも知れません。

そして、ここから切り返した形になったときには
それなりの上昇が見込めるのかも?

もう少し下値を試してもおかしくないと思いますが
形が出来上がればそれに従うだけですから
じっくりと形の出来上がりを待ちたいと思います。


2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。
無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives