ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

転換

暦で転換?

クリックをありがとうございます
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
8位に浮上していますm(_ _)m


今夜配信分の動画の中でお話しをさせて頂こうと思っていることですが
9月と10月で相場が変わったのかも?ということです
世界情勢に変化の見られない中で
急展開をしている相場というのは
全く違うことをヤッているわけで
見ている方向が転換してきたのかも知れません

テキストだと長くなり上手く説明できないので
今夜配信の動画にて⇒こちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y10m05d_105109185






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

安値を143.77円まで見せて
144円をあっさりと割り込んだわけですが急反発

売り込ませての切り返し?
性根の腐った値動きという印象

売り込ませた結果だという見方も出来ますが


2022y10m05d_105118269






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金1時間足

日中のスタートでそこそこの陰線を入れてきたチャート
こんな陰線を見せてきたということならば
あんまり強気にはなれない印象

ここまでの上昇過程において
13本線に支えられて推移となっていたわけですが
割り込んできたのですから
それなりの形を見せてきてくれても良いのではないかと

あっさりと13本線超えとなれば
どうしようもありませんけどね
そもそもの話として
上昇トレンドの中での話なのですから

詳しい話は【ブログには書かない相場の話】にて
ご登録はこちら


2022y10m05d_105126351






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足

売りの型を作り出していることは
今朝配信の【ブログには書かない相場の話】にて解説
このまま下がるかどうかは分かりませんが
売りの型を見せてきてからの下落

白金1時間足どうように
13本線を割り込んできた金1時間足
あっさりと取り返してきたならば
強い相場だってことで考える必要があるのでしょうが
それまでは陰りとして捉えておいても良いのかも?
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

思惑だけで考えないほうが良いと思う値動き
客観的に相場へ接してみるといいかと思います

転換かな?どうかな?

穏やかに夜間取引がスタート。
どんなドラマが今夜は…

楽しみです。
ドキドキ感もあります!




白金4時間足






【出処 ドットコモディティ


白金4時間足。

下に出てきました。
頑張るならこの辺までしか下値は出してはいけないような…

私が決めることではなく
マーケットが決めることですから
口出しなど出来やしませんが…

相場はまだ悪いままではあると思いますが…




金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

残念ですが弱気はやめておこうかと。
残念ではないのですが
なんとなく残念な印象。

短期的かも知れませんが
この形を見せつけられたのでは
弱気をし続けられないなぁと。

あっさり下抜けでもしてきたら
そこから叩いて往復ビンタを喰らう覚悟はあるわけで
ここか弱気はしたくないかなぁと。

そこまでですけれどもね。


まぁ、天底を必死に考えると
非常に難しくなりますから
あまり考えないほうが良いとは思いますよ。
相場は天底を当てるゲームではないのですから。


2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


ランキング


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives