ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

週足

現状のCOMEX金のチャートには逆らえずという印象

ここのところ動画の再生回数が伸びており
非常にありがたい限りです

市場の雰囲気が変わってきたんでしょうかね?
自分自身とか配信の内容とか
何も変わってはいないと思うので
投資家マインドに変化でもあったんでしょうかね?

自分のことは自分が一番良くわかっていると言いますが
客観視できるわけでもなく
自分自身を一番わかっていないのが自分でもあると思うので
動画をご視聴下さっている方のご意見が一番だと思います

御覧頂いて以前の動画とここのところ再生回数が伸びている動画の違い
お分かりになられたならば教えて頂けませんか?

求められているモノを配信できれば
あなたにとっても良いでしょうし
私にとっても無駄なことをせずに済むので助かるんです

動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m


2023y01m08d_110146392






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

COMEX金日足

本日配信の動画の中で
NY金に関しては触れておきますが
上昇トレンドの中での動き

移動平均線は上から6日線・13日線の並びで
右肩上がりの状況
そして、実線は6日線の上を推移ですから
強いチャートであると考えられます

なんだか、変な形ではあるような気がしますが……


2023y01m08d_110126697






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

COMEX金週足

どうしても日足だけで考えてしまうことが多いのですが
週足の形も非常に大事だと考えています

その週足の形も
見事な上昇トレンドを作り上げているのですから
強い相場に間違いはないと言う感じだと思われます

とは言うものの
何処かで頭を打ってしまうのが相場
目安として考えたいのは
6月につけた高値ということになると見ています

クリックをお願いします
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

にしても、右肩上がりの6週線に華麗に支えられての上昇
相場を疑ってかかることは大切でしょうが
流れに逆らって向かってしまうことは無謀の極地ではないかと

素直に考えておきたいもんです

レポートの配信をさせて貰っています
ご興味のある方はこちらをご覧になってご登録を

逆らうことなかれ?

本日配信予定の動画でも触れる予定ですが
今回は金週足を見て少し

これまでの動画はこちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y12m11d_082251752






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金週足

保合いの中ではあると思いますが
その保合い中で上昇トレンドを作り
保合いの上限に向かって推移

「〇〇の形だから弱い」
と、言えるような形ではなく
個人的には「売りはない」チャート
あくまでも今のところは

クリックをよろしく
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

13週線の上に出てきている形であり
その13週線も右肩上がり
逆らうことなかれと
相場に言われているような気がしています(笑)

「NO」と言えば粛清の国

クリックをお願いします
ご面倒でしょうが、何卒m(_ _ )m
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


金曜日に起こっていた中国系の株価暴落はご存知でしょうが
習近平主席3期目が引き金のようです
周りにはイエスマンしかおらず
「NO」と言えば粛清の国でしょうから
行く末は火を見るより明らか?⇒こちら

そして、土曜日の配信動画では
11月2日FOMCでの政策金利に付いて
動画の方ではお話しをさせて頂いております⇒こちら

今夜も20時配信予定で動画の配信を行う予定です
チャンネル登録をこちらからして頂きまして
見逃しのないよう御覧下さいm(_ _)m
為替と金利についての内容となる予定です


2022y10m30d_065458326






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金週足

今年の高値を更新
これで言えることは
今年売った売り玉は
ほぼほぼ捕まっているということ

売り方が全面的にヤラれているということは
買い方が有利な展開だということ

目指しているのは
4447円ということになるのでしょうが
ダブルボトムからの上昇ということも考えると
目標値を何処に設定するか?
重要な鍵となってくるのでしょう


2022y10m30d_065509163






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金週足

三角保合いの中を推移
三角保合いの値幅も大きいため
三角保合いであっても
三角保合いだけでは片付けられない相場

6週線割れから13週線割れを目指し
4週連続陰線に挑戦

三角保合いの下限に挑戦しているということなんでしょう

13週線を割ったとき
6週線を超えたとき
13週線と6週線の間を推移しているとき
少なくともこの3パターンは考えておきたいものです
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週足で大きな流れを掴み
日足や4時間足の形で相場を獲る
しっかりと今の値動きに対応をしていきたいですね

あなたも一緒に研究しませんか?
あなたのご参加をこちらでお待ちしております


これが今の方向性では?

クリックをお願いします
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
あなたのクリックのお陰で7位!
ありがとうございますm(_ _ )m



前回配信の動画で
為替介入時の動きについて
見切った部分のご案内をさせて貰いました
今後も継続される可能性があると思いますので
まだご覧になられていらっしゃらない方は
数字だけも頭に入れておくと良いかも?です⇒こちら

本日配信動画は20時配信予定です
チャンネル登録をこちらからして頂きお待ち下さいm(_ _ )m

今回はドル円のチャートを見ながら
ちょっとお話しをしたいと思っております



USDJPY_2022-10-23_07-20-34





【出処  Trading View

ドル円4時間足

先行下限に支えられて反発となるか?
介入なのでたぶん反発するんでしょうね

が、下に出たときには
逆らわないほうが良いのかも知れません
介入が終了したからトレンドに逆らわない動き
という流れとは逆に出てくると言うことになるので


USDJPY_2022-10-23_07-20-51





【出処  Trading View

ドル円日足

動画の中でもお話しをさせて貰っていますが
基準線がポイントとなっている模様

4時間足の先行下限を下に出てくると
基準線割れってこともあるのかも知れません

もし、基準線割れとなったときには
これまでのトレンドから逸脱した動きと捉えての対応
必要となるのかも知れません

個人的にはこの辺りに注目しています


USDJPY_2022-10-23_07-21-07





【出処  Trading View

ドル円週足

なんだかんだと言っても
上昇トレンドの中です

週足レベルでの上昇トレンドを転換させるには
相当下落してこないとならないチャートのようです

もし、4時間足で先行下限とデッドクロスし
日足が基準線とデッドクロスとなっても
週足の上昇トレンドは崩れない

そんなチャートとなっているようです
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

どれだけ俯瞰してチャートを眺めることができるか?
これだけの値動きをされてしまうと
なかなか難しい話ですが
こういうところはチェックしておきたいものです

そんなお手伝いをこちらではさせて貰っています
ご興味がございましたらご登録下さい
無料で配信中です

では、素敵な日曜日を!

ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives