ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

FFレート

首吊り線

FOMCが終了し
パウエルFRB議長の会見も終了
それらを受けての本日の相場ということ

これらの結果を受けても
捉え方は人それぞれ
答えは一つであっても
思惑は多数

それが相場を面白くさせているということなんでしょう

今朝配信のレポートで詳しく記載しております
レポートの請求はこちらから


2023y02m02d_081323112






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金日足

6日線に叩かれていると言うチャート
それがパッと見のチャート

個人的に注目をしているのは
6日線および前日の陽線を否定するかどうか?


USDJPY_2023-02-02_06-38-19





【出処 Trading View

ドル円日足

キツい抵抗にあっている模様
これは動画の方でお話しをさせて貰っていることなので
詳しい話はこちらから動画を御覧下さい

先走りはリスクを伴うと言うことなんでしょう
もちろん、リスクを背負った分だけリターンは大きく跳ね返ってきますが


2023y02m02d_081330065






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金日足

崩れない相場なんだろうと
崩れていないから今の価格があるわけで
崩れていない現実を受け止める必要があるチャート

崩れたときには何処で判断をするのか?
それだけなんでしょう

ひとそれぞれに考え方があるでしょうから
何が正解だってことはないのでしょうが

クリックをお願いします
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

金日足なんて
場合によっちゃ首吊り線なんですけどね

市場のご都合主義

米金融当局は市場と向き合おうとしているようですが
市場はご都合主義をまっしぐら?(笑)

米金融当局の考え方が間違っていて
自分たちの考え方が正しいと言わんばかりの市場
これってどうなんでしょうかね?

まぁ、ここまでのインフレ状態にした責任の一端は
米金融当局にあるとは思いますが……

前日も動画の配信を行っております
良かったらこちらから御覧下さいm(_ _)m


2023y01m11d_080903237






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円1時間足

目先の形は三角保合いとなっている模様
三角保合いは抜けた方についていくことが王道だと思われます

慌てないことが重要ではないかと


2023y01m11d_080911133






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金1時間足

崩れないですね
ホントに崩れない

形的には三角保合いっぽい形
なので目先は抜けてからってこと何でしょうが
白金そのものに売りって感じが出ていないようなので
その辺りを踏まえつつのポジション取りとなろうかと


2023y01m11d_080923117






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金1時間足

上昇トレンドを継続中
売りの形を見せていないのですから
売りはないと考えておきたい時間帯

売っちゃダメだってことではなく
チャートに売りの形が見えていないというだけの話

上昇トレンドの中ですし
あんまり弱気にならない方が良いのかも?
そんな時間帯なのかも知れません

クリックをお願いします
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

何処を切ったらマズいとか
何処超えたら凄いとか
そんなことを考えておくと
値段が急激に動いても慌てないで済むかと
一つの見方として一緒に考えてみませんか?⇒こちら
ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives