ケセラセラ 〜中村毅の相場観〜

商品相場の日記 〜第9章〜
相場をやる目的は何ですが?利益を得るため?快楽を得るため?


広告規制に関する表示事項
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
kindle本電子書籍
【損をしてから読む、獲る相場】⇒こちら
【マーケットから退場させられる前に読んでおきたい本】⇒こちら
【相場・マーケットは「損」をしてからが勝負!!】⇒こちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YouTube ケセラセラチャンネル⇒こちら

FRB議長

FOMC後の動きを気にしておきたい状況に

米CPIの発表を受けて
ドルが大きく下げてきた恰好

そして今夜と言いますか
明日に移行してからですがFOMC
パウエルFRB議長が何を言うのか?

楽観論的なことは言わないと思うんですがね
そうなるとドル高円安という事になるかと

目先の方向性ということではありますが

動画の中でも為替に触れています
良かったらこちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y12m14d_081605519






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

ドル円4時間足

ダブルトップの形を完全に作り上げたチャート
酷い下げを演じてきたため
チャートの形は悪化の一途

このチャートを強気のチャートに作り上げるには
それなりの時間と値幅が必要となってくるんでしょう

チャートの形的には136円どころは
注目しておきたいところだと見ています


2022y12m14d_081613165






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金4時間足

ダブルトップの可能性を秘めているものの
弱い形を見せているわけではないチャート

確実なところは
下値を切り上げた上昇トレンドの中で推移しているということ

このトレンドに乗っている限り
極端に売り叩くことは避けておきたい感じ

買い玉の出し入れで対応をしたいチャート
そして、ダブルトップの可能性を秘めているものの
形的には高値に挑戦の権利を得ているとみています


2022y12m14d_081619036






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金4時間足

ドル円の動きをモロに受ける金
発表後の安値は7839円まで見せ
夜間終了が7872円
よく切り返したという印象

下ヒゲの長い形だけに
なんとなく上値を試したいような感じではあり
完全な売りの形を見せているわけでもないため
積極的に売れるチャートではないと判断

もしかすると安値7839円は
調整を綺麗に入れてしまったのかも知れませんからね

クリックをm(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

売りの形が出来たら売りですが
興奮して売りたい形にまではなっていないという感じ

パウエルFRB議長はタカ派的な発言になりがちだとは思うんですが……

FOMCを目前にして

クリックをお願いします
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

FOMCを目前に控えて
閑散とした市場のよう

蛇に睨まれた蛙状態で
身動きの取れない投資家たち?

FOMCおよびパウエルFRB議長の会見を
しっかりと見極めてからと
悠然と構えている方々がどのくらい居るのか?

そんな状況下で動画を配信しております
良かったらこちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y11m02d_210336748






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

白金日足

崩れちゃいない
そんな印象

仮に上に抜けたときには
どんな状況であっても
ついて行かねばならないようなチャートかと

逆に動いたときには……
下落に関しては
動画の方で述べておりますので
良かったらこちらから御覧下さいm(_ _)m


2022y11m02d_210343137






【出処 岡地株式会社 サポートオンライン

金日足

考えてみれば
今回配信分の動画は
日足を使用しての展開

あえてこちらで話すこともないのですが
やはり52日線と13日線ということになるのでしょう

52日線割れを見せてきたときの目標値
そんなところは動画でお話しをさせて貰っています

人より先に一緒に検証をしておきませんか?⇒ こちら


難しい理論は分かりませんが…

材料というのはほんとうに難しい。
その材料のスタート地点はなんとなく理解できても
終了時点がさっぱり分かりません。

ドル反落、米FRB議長発言受けた調整一巡=NY市場


イエレンFRB議長発言に飽きちゃうのは早くない?
新鮮味がなくなればこんなものなのでしょうか?

それとも材料はあとづけ?
あとづけならば理解は可能ですけれども…


考えても分からないものは考えない。
考えなくてもマーケットへのアプローチの仕方は
他にもたくさんあるのですから。





NYダウ日足











NYダウ日足。

高値に挑戦したものの
失速してマイナス圏での引け。

直近の高値を更新してからの失速。
情けない…

しかも失速の勢いは
6日移動平均線にまで及んでいるのですから…

この後の動きは検証課題として
ローソク足の形の情けなさ。
昨日の相場の弱さは浮き彫りかと。





NY金日足






【出処 ドットコモディティ


NY金日足。

6日・13日移動平均線がデッドクロスとなりそうな動き。
現在は13日移動平均線の下。

そこから小幅反発してプラス圏で引けても
強いと呼んでしまうには
相当の抵抗を感じてしまう形。

仮に安値が52日移動平均線にタッチしていても
その思いは変わらず。

反発してくる可能性は
52日移動平均線にタッチしている方が高くなるような気がするも
強いと言ってしまうには少々乱暴なときなのかも?


これからじっくりと検証。
プレシャスレポートには事後検証と
金のレポートを掲載済み。
来週に向けての動画等
今日と明日にかけて掲載していく予定です!


良い週末を!


『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


果たして買いの形は出来ているのか?

ウクライナ情勢に振り回されているような
ちょっと情けない感じのする相場。
まぁ、振り回されているのは相場ではなく
参加している者達なのですけれどもね。

そして、今夜はFOMCですから
またFOMCに振り回されるのでしょう。

分かっちゃいるけどやめられない!
ただ、簡単に振り回されるのではなく
振りまわらされている流れに乗りたいですね!





白金4時間足






【出処 ドットコモディティ


白金4時間足。

底を付けたかどうかは分かりませんが
買いの形が整っているかどうか?
と、聞かれた時には整っていないと答えます。

反発しても文句は言えないのか?
と、聞かれた時には
中途半端な状態からの反発と答えますが文句は言えません。

この反発をどう解釈するのか?
と、聞かれた時には
窓埋めでは?と答えます。

まだ買えない状態…
素直に買いと言えない形の白金4時間足です。





金4時間足






【出処 ドットコモディティ


金4時間足。

チャートにつけた赤丸印を下に抜けると
何となくさらに悪そうな印象。

逆に言えば割れなければ反発の地点なのかも?
と言うことも言えなくはない。

止まるのかも知れませんが、
まだ止まると言い切るだけのモノがありません。

とりあえず、赤丸印が支持線としての役割を果たしたのか?
そんな印象で眺めています。

もっと詳細を探りたい方は
1時間足などを検証すると良いと思います。


本日もよろしくお願い致します。


2週間お試し期間付き『プレシャスレポート』の詳細はこちらをご覧下さい。

『ケセラセラへの各種お問い合わせ』は全てこちらからお願い致します。(携帯電話対応)

無料独自配信メールマガジン【楽しく相場に勝つ方法!】>>こちら


時間軸は何処に?

日経平均・上海が安く、
NYダウも若干安。
為替はドル高円安気味に推移…

バーナンキFRB議長証言が出口戦略に言及するって読み???

まぁ、何処を基準の時間軸で語るかによって変わってきますから
一概にも言えないかも知れませんけどね…



金4時間足








【出処 ドットコモディティ


金4時間足。
6本線を挟んでの攻防戦。
どちらにでも動けそうで不気味…

こういう形になればこうすると
事前に決めておいても
人間とは欲深い生き物であり
その形がなかなか待っていられないもの。

少しでも有利なところで動きたいと思ってしまう…
仕方がないのですがね…
だって、にんげんだもの!

何にしても待つしか無いわけで
先走るにしても先走るだけの根拠が欲しいですよね!
心の叫びに素直になるのではなく
罫線の叫びに素直になる。
ここでしょう!!



万が一の見解は朝の段階で更新済み
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
プレシャスレポート



ランキング
Google スポンサードリンク
お問い合わせ
ケセラセラへのお問い合わせは
すべてこちらからお願い致します

電話:0120-935-095
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Profile

けせらせら

Attention
商品先物取引は元本を保証するものではありません。相場の変動により損失を被るリスクがあり、マーケットの変動如何によっては損失の額が預託いただいた金額を上回る可能性があります。事前交付書面の内容をよく読み十分ご理解のうえ、ご自身の判断でお取引をお願いいたします。

Categories
注目商品 スポンサードリンク
電子書籍
twitter
広告規制に関する表示事項
広告規制に関する表示事項


必ずこちらをご覧下さい。
Archives